トップページ

■頭脳スポーツとは

「頭脳スポーツ(Brain-Sports & Mind-Sports)」という言葉は、耳慣れないかもしれませんが、日本古典文化を代表する百人一首などのかるた競技、麻将・中国麻将オートラミー・ラミーキューブなどのテーブル競技、コントラクトブリッジ・プチマン・トランプなどのカードゲーム競技、将棋・囲碁・オセロ・カタン・ブロックス・チェス・123並べ・足し算九九はさみゲーム・バックギャモン・モノポリーなどのボードゲーム競技、タントリックス・キャストパズルなどのパズル競技などで、世界の人たちが年令、男女区別のない競技である、「頭でするスポーツ」の総称です。

■頭脳スポーツを通じて、文化の振興・発展に寄与する

日本および海外で生まれた文化を「頭脳スポーツ」として継承・発展させ、社会に貢献するとともに、未来永劫に渡る平和と文化の養育を目指します。

■青少年の健全育成と、高齢者・障害者の社会参加による共生社会作り

世代や障害を越えて「頭脳スポーツ」で楽しみながら、ものの見方や考え方を学ぶとともに、コミュニケーション能力を育て、競い合いながらも協調性も必要な、スポーツの精神を学びます。

■新しいコミュニケーション文化の創造と育成

国籍・世代・性別・障害の有無などに関係なく、ゲームを通じて人と人が触れ合うことができるコミュニケーション文化を、「頭脳スポーツ」を通じて、創造し育成していきます。

「人を育てる、夢を育む、未来を創る頭脳スポーツ」を広く普及啓蒙する活動を行なうことにより、社会への貢献と文化の発展に寄与いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする